メインコンテンツに移動する

マイアカウント

お届け先の国 / 地域

お届け先:日本 、通貨:JPY ¥が選択されています。
conscious fashion2021年6月9日水曜日

素材の重要性:今注目すべきコンシャスなファブリック

シェアする

元記事(英語):ASHLEIGH GRIBBON

 

 

リサイクルシルバーイヤリング All Blues、リネンのブレザー&パンツ 共にMateriel

 

Prada(プラダ)の先駆的な再生《Re-Nylon(リナイロン)》のアイテムに、Gucci(グッチ)による最新のユニセックススニーカー《Basket》に使用されたクルーエルティーフリーの新素材《Demetra(デメトラ)》。そして、Stella McCartney(ステラ・マッカートニー)のビーガンレザー《Mylo(マイロ)》は、科学者たちがラボで育てたキノコから開発されたもの。そんな環境や動物福祉に配慮したデザインは、ファッションの新たなフロンティアになっている。その中心となるのが、世界で類を見ないエコフレンドリーなファブリックだ。

 

環境負荷が少なく、より地球にや優しい生産工程から生み出された責任あるテキスタイルは、廃棄物を減らすことに貢献。既存のアイテムを修理、リサイクル、または新たな目的で活用することは循環型ファッション経済を促進し、二酸化炭素の排出量削減や土壌の再生、そして節水にも繋がる。


今回は、クライメートポジティブに取り組む団体Slow FactoryのエグゼクティブディレクターであるCéline Semaan(セリーヌ・セマン)、The Sustainable Angleのキュレーターやコンサルタントとして活動するAmanda Johnston(アマンダ・ジョンストン)、サステナビリティに焦点を当てた雑誌『More or Less』を創刊したJaime Perlman(ジェイミー・パールマン)というエキスパートたちが、より良い未来のために開発された素材について解説。3人の意見をもとに、 FARFETCHフットプリント計算ツール で自分の服の素材について知り、より前向きでコンシャスなファッションの賢い選択を考えてみよう。

《Tencel》トレンチコート、ヴィーガンレザーシャツ 共にNanushka。

 

ポジティブに選ぶことの大切さ

 

「ブランドが生産工程を見直し、より環境に配慮したものにシフトしていくことが何よりも大切。サステナブルな素材を使用することは、その点で大きな意味があります」と話すのは、年2回発行する雑誌とデジタルプラットフォームを通して、責任あるファッションの消費を推進する媒体『More or Less』を立ち上げたJaime Perlman。「規模の大きなブランドが、新しい素材でエコなカプセルコレクションを制作するのはもちろん素晴らしいこと。従来の素材と比べて、廃棄物を最小限に抑え、より少ないエネルギーでつくれる新素材を開発することは、ファッションが地球に与える悪影響の軽減に繋がります。ただ、本格的に取り組む上で重要なのは、無駄の少ない素材のみを使用を徹底するという長期計画を立てること。完璧な素材というのは存在しないので、製造時にはその点を考慮する必要があります。ファッション産業の二酸化炭素排出量は改善しつつありますが、完全になくなることはありません。だからこそ、あらゆるブランドが循環性にフォーカスすべきなんです」

 

「現在、天の川にある星の数より多くのマイクロプラスチックが海には存在しています」とSlow FactoryのCéline Semaanは明かす。「このマイクロプラスチックが、サンゴ礁を腐食させる最大の原因であり、その大半がファッション業界からの廃棄物によるものです。家での洗濯という個人レベルであれ、有害な染料を放出することによって海にプラスチックを流している工場から発生するものであれ、ファッション業界が考慮しなければならない大きな問題です」 

 

「製品が環境に与える影響の80%以上は、素材の選択だけで決まります」とAmanda Johnstonは指摘する。「The Sustainable Angleでは、ファッション業界に向けた、より責任あるソリューションに関する教育、情報提供、紹介の手段として、素材に焦点を当てています。LVMHプライズのファイナリストになったBethany Williams(べサニー・ウィリアムズ)は、全方位的なアプローチでサステナビリティを視覚化し、体現しているデザイナー。具体性と廃棄を認識し、デザイン活動と運営を通じて、彼女は環境的正義と社会的正義に重きを置いています」

 

《Tencel》ドレス Low Classic、《Econyl》バッグ Stella McCartney

 

再生セルロース:リヨセル

 

「従来のビスコースは木材パルプを原料とし、森林伐採や有毒な化学物質の排出と関連づけられていました。一方、《Lyocell(リヨセル)》はサステナブルな循環型の工程でつくられているので、加工用の化学薬品を回収し再利用することができます」とJohnstonは説明する。「再生セルロースのイノベーターであるLenzing(レンチング)が生産する《Tencel™(テンセル)》は、サステナブルな商標付きのリヨセル繊維で、認証を受けた木材を原料としています」

 

「《Lyocell》は、木材パルプを原料としているため、その収穫方法と自然生息地や生物多様性の保護を考慮することが重要です。それは、これらの素材を開発する企業の責任でもあります」と、Semaanは付け加える。「今、コットンの収穫量が世界的に不足しているので、《Lyocell》は綿産業にかかる負担を軽減するのにも一役買っています。コットンを含むすべての農業に必要な表土に残された時間は、あと60年ほど。コットンはオーガニック栽培でも、水の吸収が非常に速いため、干ばつの原因になります。ですから、コットンに替わる素材の探求が必要なんです」

 

リサイクルナイロンジャケット&ショーツ 共にRaeburn、《Vegetal》レザー&リサイクルコットンバッグBonastre

 

廃棄物の循環型アップサイクル:エコニール

 

その透明性ある製造工程によって、《Econyl®(エコニール)》は瞬く間にナイロンの代わるコンシャスな素材になりGucci(グッチ)Burberry(バーバリー)Prada(プラダ)といったファッション界の有力ブランドが最近のコレクションにこぞって採用している。イタリアのテキスタイル企業Aquafil(アクアフィル)が開発し、2011年に発表された《Econyl®》は、廃棄予定だった漁網や繊維廃棄物などをアップサイクルしたもの。従来のナイロン同様の特徴と近い質感を持ちながら、生分解性があるため、分解して何度も新しい素材へ再生可能。埋め立てられることがなく、二酸化炭素の排出量を大幅に削減することができる。

 

イタリアブランドのPradaは近年、《Re-Nylon》プロジェクトでテキスタイルメーカーのAquafilとタッグを組んでいる。このコラボレーションにより、2021年末までにすべてのバージンナイロン製品を《Re-Nylon》へシフトすることを約束。「プラスチックや石油を原料とせず、廃棄物から作られる《Econyl®》には循環性があります」とSemaanは説明する。「《Econyl®》を最初にコレクションに取り入れたのは、Mara Hoffman(マラ・ホフマン)でした。彼女が与えたチャンスによって、この素材は広まったんです」

 

「バージンナイロンの原料は、原油からつくられたプラスチックであることも注意が必要。それは、生産をやめるべき有毒物質です」とJohnson は指摘する。「とはいえ、この素材はすでに生物圏に廃棄物として大量に存在します。そのため、この廃棄物を利用する取り組みや素材は、石油化学製品(石油や天然ガスを原料とする化学物質)からの脱却を図る暫定的な解決策になります」

 

「バージンナイロンの代替素材として《Econyl®》を使用することは、正しい方向転換だといえます。しかし、洗濯してマイクロファイバーが放出されることには変わりありません。この問題の解決方法として、消費者は洗濯用の特別なバッグを購入し、それを使うことで洗濯時に服から出るミクロ粒子をキャッチすることができます」と、『More or Less』の創設者Jamie Perlmanも同調する。

 

オーガニックコットンブレザー&ジーンズ Remain、トップ KNWLS

 

Gucciの新たなクルーエルティフリー素材:デメトラ

 

コンシャスなファッションを牽引するイタリアの人気ブランドGucci(グッチ)は、環境に優しくクルーエルティフリーの新素材《Demetra》を発表した。77%が植物由来の原材料からつくられていて、動物性副産物に代わる拡張可能な素材をファッション業界に提供する。《Demetra》は、レトロなムード漂うユニセックスな最新スニーカー 《Basket》のリリースに合わせて発表。同ブランドが使用する他の多くの素材同様、イタリアで製造されていて、開発には2年を要した。この革新的なレザーの代替素材は、2022年までにファッション界に普及させることを目指し、同ブランドの人気シューズやバッグ、アクセサリーに採用される予定。「《Demetra》は、ファッション業界で拡張しやすい代替素材の選択肢であり、アニマルフリーな解決策のニーズにも応えるよりサステナブルな素材です」と、GucciののMarco Bizzarri(マルコ・ビッザーリ)会長兼CEOは話す。

 

世界最古の素材の一つ:リネン


食用作物が育たない乾燥地でも育ち、コットンよりもはるかに少ない水しか必要としない亜麻の繊維からつくられるリネンは、世界で最も古いだけでなく、今なお最もサステナブルな素材の一つ。自然な生分解性のある同繊の歴史は、紀元前8000年まで遡り、エジプト人たちが通貨として利用していたという興味深い事実もある。亜麻からは亜麻仁油やオメガ3といった有用な製品をつくることもでき、廃棄するところがない。ヨーロッパリネン&麻連盟(CELC)によると、リネンシャツはそのライフサイクルで6.4リットルの水を使用するのに対し、コットンシャツは2,700リットルもの水を使うという。今シーズンは、Materiel(マテリエル)やJacquemus(ジャックムス)、AMBUSH(アンブッシュ)などのデザイナーが、それぞれのコンテンポラリーな視点を生かし、リネンでデザイン性の高いテーラリングやジャケットを生み出している。

リネン&フラックスジャケット AMBUSH、オーガニックコットンベスト Marine Serre、オーガニックコットンパンツ Sunflower

 

新たな素材のイノベーション:マイロとニューサイクル

 

「大規模なブランドが革新性に取り組むことは極めて重要です。彼らの意欲的な取り組みが、業界の他のブランドを牽引するのですから」とJohnstonは説明する。「ブランドの価値体系と運営にサステナビリティを組み込む上で、彼らは大きな役割を担っています。現在、あらゆる種類のサステナブルな素材開発への投資が高まっています。変化をもたらす鍵となるイノベーションとは、損傷した生態系を修復し、土壌や農地を復元するような方法で栽培・生産された繊維と生地、そして製造過程で出た廃棄物や使用済みの製品のリサイクルを通じて、秘められた価値を見出すこと。そして、過剰な牧畜による森林伐採の破滅的な影響を応えるために、レザーの代替素材にもエキサイティングな新展開が見られます。これらの素材は、パイナップルの葉やサボテンといった農業廃棄物や菌類の根系という生物ベースの原料を使用しているんです」

 

約20年前からビーガンの第一人者となっているStella McCartneyが、この分野を牽引していることは当然のこと。サステナブルファッションのためのバイオ素材や生地を生み出すバイオテック企業Bolt Threads(ボルトスレッズ)とのパートナーシップを通じて、ラボで育てたキノコを原料とする生物ベースのレザー《Mylo(マイロ)》を開発した。

 

テキスタイルイノベーション企業 Evrnu(エヴァニュー)は、先進的なテクノロジーを駆使して、繊維産業に循環型のエコシステムを生み出すことを目指している。そんな同社が開発したのは、衣類廃棄物を浄化してパルプに変えることで、新しい上質なファブリックをつくることができる再生繊維《NuCycl(ニューサイクル)》。これにより、消費者が使用した後の繊維廃棄物100%を、何度でも新しい衣類に生まれ変わらせることができる。ファッション業界から排出される年間9,200万トンもの廃棄物に対する、画期的な取り組みだ。「《NuCycl》は素晴らしい新素材です」とSemann。「これはセルロース繊維で、Stella McCartneyが数年前にadidas(アディダス)と共に試験的に開発したもの。木や土、植物などの天然資源ではなく、繊維廃棄物からつくられているという点で、とても興味深い繊維です。これこそが未来であり、まさに今私たちが注目すべきところですね」

 

「未来は科学と共に歩んでいくことです」とSemaanは続ける。「昨年、ビジネスパートナーと一緒に、One X Oneというファッション業界初の科学インキュベータープロジェクトを立ち上げ、デザイナーと科学者をマッチングしました。革新をもたらすには、業種を超えて協力する必要がありますからね。デザインから科学までの共通言語をつくることでデザイナーは科学者を理解し、科学者はデザインの基準や制約を理解することができます。世界を一つのエコシステムとして見ると、科学とデザインや精神性と文化の間に境界がないことがわかります。科学を受け入れ、イノベーションの加速に取り組むということこそが、Slow Factoryの目標なんです。ファッション産業の未来をつくるのは、文化や業種を超えたコラボレーション。科学を受け入れ、イノベーションの加速に取り組むということです」

登録して10%OFFのプロモーションコードをゲット

メールマガジンをご購読いただくと、セールのご案内や新着アイテム、気になるアイテムの在庫状況など、さまざまな情報をお届けします。

受信方法をお選びください

登録することで、プライバシーポリシーに同意したものとみなされます。 配信メール下部の「購読を中止する」をクリックすると、いつでも配信を停止できます。

8690438 7565617 5899513 6264708 7955322 seotmstmp deskdev
はじめてご利用の方へ




よくあるご質問