ページロード中

ページロード中

ページロード中

ご希望のジェンダーを選んでください。

レディースまたはメンズを 性別 選択してください。

Welcome to Farfetch, log in or sign up

Trends & Subcultures

2018年3月7日

バケットバッグがオフランウェイで大流行!人気ブランドからおすすめをピックアップ

シェアする

ニューヨークを皮切りに2018年秋冬ファッションウィークシーズンが開幕。世界中のファッショニスタたちが大集結するオフランウェイも、ファッションショーと同じくらいの賑わいを見せています。そんな今季のオフランウェイ、数あるファッションスナップのなかで一際存在感を放っていたのがバケットバッグです。コロンとした丸いフォルムとユニークなデザインがおしゃれ上級者たちの心を鷲掴みにしている模様。今回の記事では、人気ブランドのおすすめバケットバッグをピックアップしました。

eyecatch

STAUD

現代女性に向けて手頃な価格で革新的なデザインを提供するSTAUD (スタウド) は、2015年にLAでスタート。Alexa Chung (アレクサ・チャン) をはじめとする有名人からのラブコールが止まない今大注目の新鋭ブランドです。特にインフルエンサーや有名モデルも愛用しているバケットバッグは完売状態が続くほどの人気ぶり。現代的な要素とちょっぴり懐かしさも感じさせるノスタルジックな要素が融合したエレガントなバッグは、コーディネートをプレイフルな雰囲気に仕上げてくれます。

 

写真左 / バケットバッグ S

写真中央 / Moreau バケットバッグ ミニ

写真右 / Bissett Bucket クロスボディバッグ

 STAUD bucket bags

SIMON MILLER

2008年にメンズ向けデニムブランドとしてスタートしたSimon Miller (サイモンミラー)。現在はライフスタイルブランドとして、メンズ・レディースウェア、バッグ、アクセサリーなど多様なラインナップで展開中です。中でも人気はバケツ型にリングの取っ手が付けられたBonsaiバッグ。このバッグのミニマルなデザインはアメリカ西部の不毛の地から着想を得ているそう。サイズやバリエーションも豊富で、カジュアルからフォーマルまであらゆるシーンでお使いいただけます。

 

写真左 / Bonsai 15 バケットバッグ

写真中央 / バケット ハンドバッグ

写真右 / Bonsai バケットバッグ

SIMON MILLER bucket bags

MANSUR GAVRIEL

ニューヨークに拠点を置くMansur Gavriel (マンサー ガブリエル) は、2012年に設立しました。ブランド立ち上げ当初から絶大な人気を誇るバッグは、上質なイタリアンレザーを用いたシンプルで洗練されたデザイン。デイリーコーデに取り入れやすいニュートラルなカラーをベースとし、裏地に鮮やかなカラーを配置しているのが特徴です。どんなテイストのアイテムともマッチするので、コーディネートに迷った時の頼もしい存在。

 

写真左 / ドローストリング ショルダーバッグ (ブラウン)

写真中央 / ドローストリング ショルダーバッグ(レッド)

写真右 / ドローストリング ショルダーバッグ (ブルー)

MANSUR GAVRIEL bucket bags

ALEXANDER WANG

24歳という若さで自身の名前を冠したブランドを立ち上げたAlexander Wang (アレキサンダーワン)。革新的なフォルムとスポーツウェアの実用性を融合したコレクションは、世界中のファッショニスタから愛されています。シルバーのチェーンやレオパードプリントを使用したAlexander Wangのバケットバッグは、エッジの効いたコーディネートがお好きな方におすすめ。デニムやショートブーツといったカジュアルなアイテムとの相性抜群です。

 

写真左 / Roxy Denim バケットバッグ

写真中央 / Roxy Denim Cage バケットバッグ ミニ (ブルー&ブラック)

写真右 / Roxy バケットバッグ(ブラウン&ブラック)

ALEXANDER WANG bucket bags
配送先の国/地域 配送先は 日本 で、ご注文は JPY ¥ にて請求されます。
国/地域情報を取得中にエラーが発生しました。

しばらくお待ち下さい。

当社のクッキーポリシー

しばらくお待ち下さい。

An error occurred while fetching the content
当社のクッキーポリシー

しばらくお待ち下さい。

An error occurred while fetching the content