8690405 7565612 5899515 6264705 7955321 seotmstmp

Loading...

Loading...

Loading...

Loading...

ご希望のジェンダーをクリックしてください

レディースまたはメンズを 性別 選択してください。

Farfetchヘようこそ!ログインまたは新規ご登録
how to2021年2月25日木曜日

Nikeの名品スニーカー《Dunk》の歴史とサイズ選びガイド

元記事(英語) BY STEPHEN YU

 

Nike(ナイキ)の《Dunk》が再び話題を集めている。同モデルは1985年にバスケットボールのパフォーマンストレーナーとしてリリースされた。同時期に登場した 《Air Jordan I》 と 《Terminator》 のアッパーと、当時バスケットボール界で最高のフィッティングを誇っていた《Legend》のフィット感がベースとなっている。全米大学体育協会男子バスケットボールトーナメント(NCAA Men’s Basketball Tournament)出場校の中で名門とされるチームのカラーを落とし込み、当時のバスケットボールシューズでは珍しかった大胆なカラーブロッキングを施した。 "Be True To Your School(母校に忠実であれ)" のメッセージがプリントされたアイコニックな広告キャンペーンを通じて発表され、多くのカレッジバスケットボールファンを熱狂させた。

 

バスケットボールのために作られた《Dunk》だったが、ファッションへの関心が高いスケートボーダーたちの間でも人気を博した。2002年にはスケートボードに特化した《SB Dunk》が誕生。高反発なクッション性とZoom Airが搭載され、さらなる機能の向上が図られた。

 

90年代半ばになると、《SB Dunk》はアスレチックフットウェアからファッションの領域にも広がり始めた。その大きな要因は、有名ブランドとのコラボレーションである。ストリートカルチャーのレジェンドであるSupreme(シュプリーム)Stussy(ステューシー)、Futura(フューチュラ)やUnkle(アンクル)、さらにはeBay(イーベイ)やHeineken(ハイネケン)といった企業ともコラボレーションを実現してきた。

 

数年前に発売されたSoulland(ソウルランド)やComme des Garçons(コム デ ギャルソン)とのコラボに続き、《Dunk》がレトロトレンドと共に復活。本記事ではNike《Dunk》を愛用する4人のインフルエンサーにサイズとフィット感について聞いた。

 

 

 

Dunkは表記通りのフィット感。いつものサイズをチョイスして

Li-Anne Kuek (@monsieurbanana)

 

メルボルン在住・YouTuber

 

 

Nikeの《Dunk》はリリースされてからしばらく経ちますが、いつの時代もスニーカー界を代表するシルエットでした。最近ではレトロなカラー展開やOff-White(オフホワイト)、StrangeLove Skateboards(ストレンジラブ スケートボード)、Travis Scott(トラヴィス・スコット)、Ben & Jerry's(ベン&ジェリーズ)とのコラボレーションで復活しましたね。特にVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)率いるOff-Whiteが2020年春夏コレクションで披露した《Off-White X Futura Nike Dunks》は、私のようなスニーカー愛好家たちを興奮させました。豊かな歴史を持つクラシックでタイムレスなNike《Dunk》は日々のスタイリングに欠かせないアイテムです。

 

 

スタイリング :

 

今日はNikeの 《SB StrangeLove Dunk Lows》を履いています。遊び心のあるレッド×ピンクの配色とベルベットのアッパーがポイント。2020年にリリースされたスニーカーの中で一番気に入っているモデルの一つです。《Dunk》スニーカーにはNikeのACGのカーゴパンツやバイクショーツ、ソックスを合わせることが多いです。

 

 

サイズとフィット感 :

 

《Dunk》はサイズ通りの大きさなので、普段履いているNikeのスニーカーと同じサイズをおすすめします。《Air Jordan I》と比較するとつま先部分にやや余裕がありますが、その差は非常に僅かなのでサイズアップまたはダウンする必要はないと思います。

 

元はバスケットボールのスニーカーとしてリリースされているので、間違いなく快適です。デイリーシューズとしておすすめできますね。

 

 

お手入れ方法 :

 

レザー製の《Dunk》に汚れがついた時はウェットティッシュでさっと拭き取りましょう。スニーカーは履くために作られたものなので、多少の汚れがついたりクタッとしてきてもあまり気にしないようにしています。

 

 

 

より快適さを求めるならハーフサイズアップを検討して

Carl Kho (@carlkho_)

 

ロンドン在住インスタグラマー

 

 

"Be True To Your School" のキャンペーンと共にリリースされたオリジナル《Dunk》の鮮やかな色使いとクリーンなカラーブロッキングにとても惹かれました。シルエットは兄弟である《Air Jordan I 》に似ていて、非常に履きやすいところも気に入っています。

 

 

スタイリング :

 

今日は1999年の《Syracuse Highs》を履いています。これは私が好きな色の一つです。このスニーカーにはよくカーゴやドローコードといったバギーフィットのボトムスを合わせていますね。スリムなシルエットのスニーカーは、バギータイプのボトムスと相性が良いと思います。ショートパンツやジョガーも良いですね。

 

 

サイズとフィット感 :

 

《Dunk》はサイズ表記通りのフィット感ですが、《Air Force 1》や1以外の《Air Jordan》と比べるとややスリムなので、ハーフサイズアップしても良いかもしれません。例えば、あなたが《Air Force 1》でUK8サイズなら《Dunk》はUK8.5サイズがちょうど良いでしょう。《Air Jordan I》のような洗練されたシルエットの場合は、普段履いているのと同じサイズを選んでください。

 

《Dunk》はレトロなスニーカーなので、最新モデルに比べると快適さは劣るかもしれません。数時間歩く程度なら問題ないですが、丸一日街中を歩き回るとなると少し疲れますね。

 

 

お手入れ方法 :

 

自分の持っている靴はできるだけ綺麗に保つようにしていますが、《Dunk》に関してはほとんどお手入れしません。なぜなら履き込んであるほうがかっこよく見えるからです。私はヴィンテージ風の見た目の方が好みです。新品同様の状態をできるだけ維持したいなら、スニーカー用のクリーニングクロスか柔らかいブラシを使って汚れを落としましょう。

 

 

 

小さめのサイズはハーフサイズアップがおすすめ

Savannah Keenan (@savannahstaceykeenan)

 

ロンドン在住スケートボーダー

 

 

Nikeの《Dunk》はクラシックで見た目も最高。私は学生の頃、バスケに興味があったんです。そして今はファッションやストリートウェアを愛するスケートボーダー。そんな私にとって、《Dunk》スニーカーは定番のアイテムです。

 

 

スタイリング :

 

今日はパープル、ネイビー、グレーの3色で彩られた《SB Dunk Low》を履いています。Nikeの《SB Dunk》は耐久性に優れているためスケートボード中はいつも着用していますが、今日のようにスケボーをしない日にも履いています。配色がかなり個性的なので、パンツよりもジーンズやショートパンツとスタイリングするのが好きです。

 

 

サイズとフィット感 :

 

私の場合、Nikeのスニーカーは他のスポーツウェアやハイファッションのスニーカーに比べて、小さいと感じることがあります。これはもしかしたら小さめのサイズだけなのかもしれませんが、NikeではいつもハーフサイズアップしてUK3.5を履いています。《Dunk》はしっかりとした作りで快適。《SB Dunk》の方がクッション性があるのでしっかり足をサポートしてくれます。

 

 

お手入れ方法 :

 

《SB Dunk》はシンプルな構造なので、お手入れするのに余計な手間は一切かかりません。私が持っているラグジュアリーブランドのスニーカーは複雑な構造のため、汚れが厄介な場所に溜まってしまうことがあるんです。

 

 

 

素材やディテールによってはフィット感に僅差も

Christopher Blumenthal (@christopher)

 

クレーフェルト在住ブロガー

 

 

私は10代の間ずっとスケートボードをしていたので、スケートボードのフットウェアに興味がありました。Nikeの《Nike Air Jordan I》が大好きな私にとっては、似た雰囲気を持つ《Dunk》も魅力的に見えます。このクラシックなスニーカーが再びカムバックしているのは嬉しいですね。《Dunk》の全てのモデルにはコンセプトがあり、色やテクスチャー、素材にもそれが反映されています。

 

デザインだけでなくその背景にあるストーリーまでクールな《Dunk》は私の必需品です。他のアイテムとスタイリングしやすく、様々なコーディネートにマッチします。 バージョンが豊富なので、スタイリングのテーマに合わせて選ぶのも楽しい。《Dunk》はシンプルだけどデザイン性に優れたアイコニックなスニーカーです。

 

 

スタイリング :

 

今日はDickies(ディッキーズ)のオリーブカラーのワークウェアパンツにオーバーサイズなシャツを合わせました。これが私の定番スタイリングです。最近またバギーなフィット感のボトムスが流行っているのは嬉しいことです。Travis ScottやOrange Box時代の《SB Dunk》に合わせるのがお気に入り。

 

 

サイズとフィット感 :

 

サイズの感じ方は人によりますね。素材やディテールの違いによってフィット感にばらつきが生じることもあります。《Dunk》の快適さは《Air Jordan I》や《Air Force 1》と同レベルです。非常にデザイン性が高く、一日中着用することができます。 

 

 

お手入れ方法 :

 

《Dunk》スニーカーの中には特別なケアが必要なモデルもありますが、それはアッパーの素材によります。《SB Dunk Papa Bear》を持っている人はおそらく誇りと不安を同時に感じたことがあるのではないでしょうか。ふわふわの素材の上に飲み物をこぼしているところを想像してみてください。そもそも汚さないようにすることが一番肝心です。濡れた布で少し拭くだけで綺麗になるレザーアッパーを採用したモデルもあるので、お手入れ方法まで考慮した上で購入してくださいね。

 

お届け先の国 / 地域 お届け先は 日本 で、ご注文は JPY ¥ にて請求されます。
国 / 地域情報を取得中にエラーが発生しました。
しばらくお待ち下さい。

しばらくお待ち下さい。

少々お待ちください