8690421 7565620 5899512 6264704 7955321 seotmstmp

ページロード中

ページロード中

ページロード中

ページロード中

ご希望のジェンダーをクリックしてください

レディースまたはメンズを 性別 選択してください。

Farfetchヘようこそ!ログインまたは新規ご登録
brand2021年3月8日月曜日

Stüssyについて知っておくべきこと。歴史からサイズとフィット感まで

元記事(英語) BY JOSEPH FURNESS

ストリートウェアはStüssy(ステューシー)なしでは存在しなかったと言っても過言ではない。Shawn Stussy(ショーン・ステューシー)がラグナビーチで設立した同ブランドは、ファッションの新しい可能性を切り開いた。

 

本記事ではStüssyに敬意を表して、その豊かな歴史とNike(ナイキ)とのコラボレーション、そしてサイズやフィット感について詳しく解説する。

 

Stüssyの商品一覧を見る

 

 

 

Stüssyのブランドヒストリー

 

Stüssyの物語は1970年代のカリフォルニアから始まる。ブランド創始者のShawn Stussyは独創的で奇抜なアイディアを持ち、ボードシェイパーとして自宅のガレージでサーフボードのデザインをしていた。当時はちょうどサーフィンの黄金時代で、身近にはクールなプロサーファーがたくさんいたため、彼が製作した斬新なグッズたちは好評を博した。

 

1980年の春、Shawnは故郷のラグナビーチにサーフボードショップをオープンした。より多くの客を惹きつけるために、彼はパンクなサーフボードと一緒に手描きのロゴをあしらったウェアも販売し始めた。こうしてStüssyはサーファーやスケートボーダー、その他の自由奔放なサブカルチャーから人気を集め、イットブランドの仲間入りを果たす。

 

1984年、Shawnはカリフォルニアにあるマンモスマウンテンスキー場で会計士のFrank Sinatra Jr.(フランク・シナトラ・ジュニア)と出会い、正式にStüssy Inc.を設立した。Frankはすでに急成長を遂げていたStüssyに大きな可能性を見出し、一緒にビジネスを始めることを提案したのだ。

 

Stüssyが成功を収めると、Shawnは世界を見る機会を得た。1980年代後半における彼の旅は、Stüssyフィーバーの広がりに拍車をかけ、世界中のクリエーターたちのネットワークであるInternational Stüssy Tribe(インターナショナル・ステューシー・トライブ)の創設につながった。さらにFrankとShawnは東京、ロンドン、ニューヨークを含む世界各地のホットスポットにStüssyの店舗をオープン。面白いことに、James Jebbia(ジェームス・ジェビア)はShawnのニューヨーク店の立ち上げを手伝っている。その数年後に彼はSupreme(シュプリーム)を設立した。

 

1990年代半ばに、Shawnは家族とのハワイ生活を楽しみたいという理由からStüssyを離れ、Frankに株式を売却することを決意。結局、彼はコンサルタントとしてブランドに残ることには同意した。Shawnが去った後、Frankは多くのリスクを負いブランドは不調に陥ったものの、なんとかその魅力を維持することができた。これにはG-SHOCK(ジーショック)とのパートナーシップや、ウィメンズラインのStüssy Sista(ステューシーシスタ)のローンチも含まれている。

  

現在も、Stüssyは相変わらずその人気を保ち続けている。Nike1017 ALYX 9SM(アリクス)Birkenstock(ビルケンシュトック)Our Legacy(アワーレガシー)とのコラボレーションがその証明だ。

 

Stüssyの商品一覧を見る

 

 

Stüssyについて知っておくべきこと

 

Stüssyはどんなブランド?

 

1980年に設立されたアメリカのストリートウェアブランド。サーファーやスケートボードカルチャー、ヒップホップシーンから多大なインスピレーションを受けている。

 

 

ブランド名の由来について

 

上記でも触れたが、Stüssyは創業者であるShawn Stussy(ショーン・ステューシー)にちなんで名付けられた。興味深いことに、Shawnの叔父であるJan Frederick Stussy(ジャン・フレドリック・ステューシー)はLAを拠点に活動していた抽象画家で、名字で知られていた。彼のサインがStüssyの有名なロゴの一部にインスピレーションを与えている。

 

 

Stüssyはスケーターブランドなのか

 

Stüssyはスケートボードブランドとしてスタートしたわけではなかったが、初期の頃はスケーターコミュニティから支持されていた。現在、この2つは切っても切れない関係である。

 

 

ブランド名の発音について

 

Stüssyの発音はSTOO-see(ステューシー)である。ずっと間違った呼び方をしていた人もいるかもしれない。

 

 

Stüssyのサイズについて

 

Stüssyのパーカーやジャケットなどの購入を検討している方は、以下でサイズを確認してみて欲しい。

 

 

 

Stüssyのサイズとフィット感

 

Tシャツとシャツ

StüssyのシャツやTシャツはすぐに使えるフィット感という点ではゆとりがあり、幅が広く、サイズに忠実である。しかし、トップスは洗濯するとやや縮む傾向にあるため、通常のサイズよりもワンサイズ上を選ぶのがおすすめだ。

 

Stüssyのパーカーやスウェットシャツは、いつも通りのサイズを選べばOK。より暖かくて着心地の良いパーカーをお求めの方は、サイズアップを検討してみるのも良いだろう。

 

Stüssyのジャケットやコートはサイズチャート通りのフィット感で作られているが、よりリラックスしたオーバーサイズのルックを求めてサイズアップする人も多い。アウターのサイズを決めるときは、素材やデザインも考慮しよう。

 

ご存知の通り、オンラインでパンツを購入するのは簡単なことではないが、Stüssyのパンツはサイズに忠実であることを保証する。ウエストのサイズに変動があると思われる場合は、別のサイズを検討するかベルトでカバーしてみよう。

 

新しい帽子を購入するときは、手持ちのハットを参考にしてサイズを決めると良い。 Stüssyの場合はビーニーであれキャップであれ、サイズに忠実にフィットするだろう。

 

2000年、Stüssyの英国部門のメンバーであるMichael Kopelman(マイケル・コペルマン)は、当時のマストハブスニーカーであった《Huarache LE》をNikeと共同で開発した。ロンドンの店舗で限定販売したところ、数分で完売した。それ以来、誰もがStüssy x Nikeのスニーカーを欲しがるようになったため、コラボレーションは今も継続している。以下では、これまでのコラボスニーカーの中からおすすめのモデルを4つ紹介しよう。

 

Stüssy x Nike Air Max 95

 

クラシックな《Air Max 95》は今年、例年以上に大きな話題を呼びそうだ。Stüssyが1990年代半ばのモデルを再び流線型にアレンジしたデザインに注目。

 

 

 Stüssy x Nike Stüssy x Nike All Court Mid “XXX”

 

2010年に初めてリリースされたStüssy x Nikeの《All Court Mid》スニーカーは、パネル張りのレザーアッパーと色付きのアイレット、Stüssyのブランドロゴが施されたアウトソール、そしてスネークスキンのNikeロゴとヒールタブが特徴である。

 

 

 Stüssy x Nike Air Zoom Spiridon Cage 2

 

Stüssy x Nikeの《Air Zoom Spiridon Cage 2》が登場するとは誰も予想していなかっただろう。Stüssyが同モデルを復刻させた途端にハイプビーストやテイストメーカー、そしてビート・ジェネレーションから注目を集めるようになった。近い将来、さらに多くのカラーバリエーションが登場することを期待したい。

 

Stüssy x Nike Air Force 1 Low

 

最新のコラボモデルは、アイコニックな《Air Force 1 Low》だ。汎用性のあるフォッシルとブラックの2色展開でリリースされた同モデルは、夢のようなボヘミアンの美学を実現するリネン素材を使用している。

お届け先の国 / 地域 お届け先は 日本 で、ご注文は JPY ¥ にて請求されます。
国 / 地域情報を取得中にエラーが発生しました。
しばらくお待ち下さい。

しばらくお待ち下さい。

少々お待ちください