8690405 7565609 5899520 6264710 7955320 seotmstmp

ページロード中

ページロード中

ページロード中

ページロード中

ご希望のジェンダーをクリックしてください

レディースまたはメンズを 性別 選択してください。

Farfetchヘようこそ!ログインまたは新規ご登録
Farfetch Partnership2020年9月14日月曜日

The Shoe Surgeonが伝授、Air Jordan 1のソール交換テクニック

シェアする

WORDS BY STEPHEN YU

ロサンゼルスを拠点に活躍するDominic Ciambrone(ドミニク・シャンブロン)、またの名をThe Shoe Surgeon(ザ・シューサージョン)。元靴修理職人のシューデザイナーであり、世界で最もレアなビスポークスニーカーのクリエーターだ。
そんな彼が今回、Farfetchとともにエクスクルーシブなビデオチュートリアルシリーズを製作。世界にふたつとないカスタムスニーカーをつくり上げるためにSurgeon Studiosチームや彼自身が駆使している、貴重なテクニックを伝授してくれた。

最終回の第4回は、Surgeon StudiosスクールのディレクターNeil Caro(ニール・カーロ)が、《Air Jordan》のソール交換によるカスタマイズ方法を解説。このビデオでは《Court Purple》と《Retro》のソールを交換するが、同様のテクニックはほとんどのスニーカーに使えるとのこと。ビデオを観ながら読み進めていってみよう。
 

FARFETCH x THE SHOE SURGEON: 第4回:Air Jordan 1のソールを交換

準備するもの

 

材料:

- スニーカー2足 - 一足は仕上げる靴、もう一足はソールのドナーとなる靴
- コンタクトセメント - ソールとアッパーを貼り付ける接着剤
- アセトン - ドナーソールを取り外す際に、工場で使用された接着剤を溶かすのに使用
- フェルトペン - コンタクトセメントを塗る際に、接着ラインの印をつけるのに使用
- ホースブラシ - 研磨後にソールをきれいにするのに使用
- 刷毛(約25mm) - コンタクトセメントを塗るのに使用
- スクラッチアウル - ソールのステッチをほどくのに使用
- ロータリーツール - コンタクトセメントを塗る前に、アッパーの表面とソールを研磨するのに使用(サンドペーパーでも代用可)
- ハンマー
- 裁縫用のヘラ - ソールをアッパーから剥がすのに便利

  (手に入らなければ、バターナイフもしくは、マイナスドライバーで代用可能)
- クレープ(Crape Rubber Eraser) - はみ出したコンタクトセメントを取り除くのに使用する生ゴム
- フックアウル - ソールを縫いつける際に使用(www.thesurgeon.comで購入可能)
- 糸切りばさみ - ソールを縫い付けた後、余分な糸を切るのに使用
- ラスト(靴型)(www.thesurgeon.comで購入可能)
- ヒートガン
- コンベクションオーブン(ファン付き) - コンタクトセメントを硬化してさせるのに使用


ドナーソールの入手方法:
「私たちはソールのみを購入することはせず、手元にある靴から外して使います」とドミニク。「お好みのソールがあしらわれた靴を購入して、そのソールを外して使うのがおすすめ。残りのパーツは次のカスタマイズプロジェクトにとっておけます」

 

ソールはあらゆるスニーカーに合う?:
「すべてはラスト(靴型)次第です。付け替えたいソールにしっかりフィットするラストがあれば、ソールに合うようにアッパーを形作ることができます。やや高度なテクニックではありますが、不可能ではありません。Shoe Surgeon Shoe Schoolでは、この方法を詳しくレクチャーしています」

ドレスシューズのソールはスニーカーにも使用できる?:
「ドレスシューズのソールの種類、靴の元々の構造およびオリジナルアッパーとの接着方法によりますが、厳密に言えば可能です。ソールを接着するアッパーの形と構造が合うかどうかは必ず確認してください」

 

ラストの入手先:
「私たちのウェブサイト www.thesurgeon.comで、様々なスタイルをご用意しています」
 

ドナーシューズの準備


ソールだけ別に用意するのでなければ、まずは2足の靴を用意しよう。一足は<ドナー>で、ソールのみを使う靴。もう一足はアッパーのみを使う<レシピエント>で、ドナーソールを付ける靴となる。では、ドナーシューズからソールを取り外す方法から見ていこう。

 

1) ステッチをほどく
 1. シューレースとインソールを外す。
 2. ソールとアッパーを縫い付けているステッチの下に、スクラッチアウルを差し込んで糸を引き出す。
 3. 糸がゆるんだら、引っ張ってソールから外す。
 4. ステップ2と3を繰り返して、すべてのステッチを取り除く。

 

2) アセトンを浸透させる
 1. スニーカーの中にアセトンを流し込む。靴を傾けて、内側の側面も液体にしっかり浸すこと。

       アッパーのサイドを触ってみて、冷たいと感じれば十分に浸透した証拠だ。
 2. 20分間放置して、アセトンを十分に浸透させる。その間に、レシピエントシューズのソールを外そう。

 

3) サイドウォールを緩める
 1. 靴を手で押してみて、ソールが剥がれそうか確かめる。

     アッパーとソールの境目の際を押してみて、ソールのサイドウォールが剥がれるようであればOK。
 2. ソールが完全にアッパーから剥がれる部分を見つけて、ヘラを差し込む。

     ねじる動きを加えながら、サイドウォールをアッパーから剥がしていく。

 

TIP:ヘラの先端は、ソールに向けずに常に靴の方向に向けよう。
 

レシピエントシューズの準備

 

次の機会まで取っておくため、《Retro》のアッパーは、アセトンではなく熱を使って外していく。

 

1) サイドウォールを緩める

 1. ソールのサイドウォールに施されたステッチを、ドナーシューズと同じ要領でほどく。
 2. マイナスドライバーとソールのサイドを同時にヒートガンで温める。ドライバーを温めると、靴の接着剤を剥がしやすくなる。
 3. ソールとドライバーの両方が十分に温まったら、ソールのサイドウォールとアッパーの間にドライバーを差し込んで、

   ねじる動きを加えながら、ソールのサイドウォールをアッパーから剥がしていく。
 4. ソールの縁全体に沿ってドライバーを差し込んで、ねじる動きを加えながらソールのサイドウォールを

        アッパーから完全に剥がす。
 

ソールを外す


ここまでできたら、アッパーを引っ張って、ソールから取り外していく。注意したいのは、ほどんどのソールテクノロジー(<Nike Air>や<Adidas Boost>など)が、ソールの中ほどにあること。つま先側から引っ張ると、ミッドソールとソールテクノロジーが分離してしまう恐れがあるため、踵側から始めることをおすすめする。

 

TIP:ソール部分が見えてきたら、片手で平らな場所にソールを押し付けて、もう片方の手でアッパーを引っ張ると

         より簡単に取り外せる。
 

アッパーとソールのクリーニング


工場で付けられた接着剤が残っていると、新しいソールがアッパーにしっかりと付かない。まずはその接着剤をきれいに落とすことが大切。

 

 1. ロータリーツールを使って、ソールのサイドウォール内側をきれいにする。
 2. 同じようにアッパーにもロータリーツールをかけるが、この時、ストロベルボードを縫い付けている

        ステッチには当たらないように注意しよう。
 3. 残留している接着剤がなくなり、ソールの表面がなめらかになるまでステップ1と2を繰り返す。
 4. ホースブラシで、ソールに付いたゴムや接着剤の残りかすを払い落す。

 

TIP:ロータリーツールがなければ紙やすりで代用できるが、時間がかかる。

 

ロータリーツールを安全に使うには:
「時間をかけて、低速で研磨していきましょう。手が滑っても大丈夫なように、ソールの接着剤が付いていた部分から上をマスキングテープで覆うといいですよ」

 

ロータリーツールと紙やすりの違い:
「ロータリーツールは、速く作業できますが慣れるまでに練習が必要かもしれません。サンドペーパーだと時間はかかりますが、よりコントロールが効きます」

ソールの接着

 

ソールを新しいアッパーに接着する前に、ソールのサイドウォールのトップが、アッパーのどこにくるか印をつけよう。コンタクトセメントを塗る際に、この<接着ライン>からはみ出さないようにするのが重要だ。

 

1) 接着ラインに印をつける
 1. アッパーにラストを入れて、そのままドナーソールの上に置く。
 2. フェルトペンなどを使って、ソールとアッパーの境界に沿って、ぐるりと一周、印をつける。
 

コンタクトセメントは、アッパーとソールを貼りつける接着剤。アッパーとソールの両方に塗ることで、よりしっかりと接着する。少量をうすく伸ばして付けていき、後で必要なら付け足していくと、きれいに仕上がる。

 

2) コンタクトセメントを塗る
 1. ソールの中央にコンタクトセメントを付ける。
 2. 刷毛を使って、サイドウォールに向けて均一に伸ばす。ソールの内側全体に行き渡るまで繰り返す。
 3. アッパーも同じように、コンタクトセメントをストロベルボードの底面から接着ラインまでのばしていく。

  全体にくまなく行き渡るように繰り返す。

 

普通の接着剤とは異なり、コンタクトセメントは熱によって効果が発揮される。しっかりと接着させるために、何らかの熱源でソールとアッパーを温めなくてはならない。

 

3) コンタクトセメントを硬化させる
 

注意:均一に加熱できるファン付きのコンベクションオーブンを使うこと。ベーキングオーブンでは靴が焦げてしまうので、使わない。
 別々にしたまま、ソールとアッパーを2~3分温める。

 

TIP: コンベクションオーブンがない場合は、ソールとアッパーを接着する前にヒートガンでコンタクトセメントを温めて熱活性させよう。

 

4) ソールを接着する
 1. つま先から、接着ラインにソールが到達するように、ソールをアッパーに接着していく。
 2. アッパーにしっかりと接着させるために、ソールの縁を一周、ハンマーで叩く。
 3. アッパーに付着したシミや、はみ出したコンタクトセメントは、クレープでふき取る。

ソールの縫い付け


ほとんどのコンタクトセメントには耐久性があり、しっかりと接着するが、外したソールのサイドウォールが元々縫い付けてあった場合は、ソール交換後に再び縫い付けることをおすすめする。フックアウルと太めの糸を使って、ソールを縫い付けていこう。縫い終わったら、余った糸を糸切りはさみで処理して、自分だけの《Nike Air Jordan 1》の完成だ。

The Shoe Surgeonとの4回にわたるビデオシリーズをお楽しみいただけただろうか。自宅でクリエイティブに過ごすきっかけになっていれば幸いだ。これまでのエピソードは以下のリンクから、ご覧いただける。

 


こちらの記事も読まれています

The Shoe Surgeonとカスタマイズする、世界に一足だけのMyスニーカー

スニーカー解剖学:Nike Air Force 1

The Shoe Surgeonが伝授、スニーカーのペイントテクニック

The Shoe Surgeonが伝授、スニーカーソールのコーヒー染めテクニック

お届け先の国 / 地域 お届け先は 日本 で、ご注文は JPY ¥ にて請求されます。
国 / 地域情報を取得中にエラーが発生しました。
しばらくお待ち下さい。

しばらくお待ち下さい。

少々お待ちください