ページロード中

ページロード中

ページロード中

ご希望のジェンダーを選んでください。

レディースまたはメンズを 性別 選択してください。

Welcome to Farfetch, log in or sign up
 

レディーススタイル at メンズファッションウィーク

 

過去数シーズンにわたり、ランウェイやファッション雑誌を賑わしているジェンダーレスルック。今回は、メンズウェアの着こなしに定評のある4人のコーディネートをファッションウィーク会場でとらえ、“リアルスタイル”としての実力を検証。インスタグラムでも人気のフォトグラファー、Cris Fragkouが撮影した美しいフォトはもちろん、スタイリングのヒントが詰まったQ&Aもお見逃しなく。

 

新作アイテムを見る

 

Valeria Semushina
スタイリスト

 

 

男性のスタイリングの醍醐味は?
「いろいろ冒険させてもらえるところ。ジャケットを何枚重ねても、メンズならクールでモダンに見えたりするんです」

最近のインスピレーションやマイブームは?
「2000年代初頭に登場した、Helmut Langのオールレザールック」

何度もリピートして聴いている音楽は?
「Kylie Minogue(カイリー・ミノーグ)の『Fever/フィーヴァー』。ポジティブなエネルギーに満ちたアルバムなんです」

女性がメンズウェアをスタイリッシュに着こなすコツとは?
「メンズアイテムに身を包んでいるなら、何かすごくフェミニンなものを取り入れるなど、バランスが大切だと思います」

苦手なメンズファッションは?
「バミューダパンツは大の苦手!」

タイムマシーンで行ってみたいのは?
「モデルのEdie Sedgwick(イーディ・セジウィック)と60年代が大好き。あの頃のNYに行って、“ファクトリー”と呼ばれていたAndy Warhol(アンディ・ウォーホル)のスタジオに通ってみたいです」

 

 

Sherry Shen
中国版『Elle Men』ファッションディレクター

 

 

男性のスタイリングの醍醐味は?
「どうすれば女性に魅力的に映るか、という実践的なアドバイスを女性の立場からできるところ」

最近のインスピレーションやマイブームは?
「最近すっかりハマっているのが、韓国人アーティスト、Kim Jung Gi(キム・ジョンギ)のスケッチ。下書きもせず緻密なイラストを描き上げていく様子に感動しました」

最近面白いと思った映画やTV番組は?
「伝説的なフランス人監督のAgnès Varda(アニエス・ヴァルダ)の最新作で、『Visages Villages』というドキュメンタリー映画」

憧れている映画の登場人物はいますか?
「Tilda Swinton(ティルダ・スウィントン)が演じたオルランドは、昔からずっと大好きです」

女性がメンズウェアをスタイリッシュに着こなすコツとは?
「モード界は、ファッションを性別ではなく、カラーやサイズ、シェイプで分けて考えるという流れになってきています。だから大切なのは、“男性か女性か”ではなく、“シックかどうか“ではないでしょうか」

 

 

Anna Pesonen
スタイリスト

 

 

最近のインスピレーションやマイブームは?
「私がインスピレーションをもらっているのは、女性とタイツ、それから作家のJames Baldwin(ジェームズ・ボールドウィン)」

最後にGoogleで検索したことは?
「韓国レストランのメニュー」

最近よく聴いている音楽は?
「フィンランドのオルタナティブロックバンド、Downstairs(ダウンステアーズ)。エチオピアのジャズや、ラッパーのVince Staples(ヴィンス・ステープルズ)もよく聴きます」

男性のファッションで好きなものは?
「私が惹かれるのは、オーセンティックで個性的なスタイル。ヘアスタイルでも着こなし方でも、ちょっとエキセントリックな要素を取り入れている人が好きですね。でも、Tシャツとパーカー、ジーンズといったベーシックも魅力的だし、Takahiro MiyashitaとJun Takahashiのアイテムはどれも最高」

苦手なメンズファッションは?
「肩に力が入りすぎているスタイル」

 

 

 

Julie Ragolia
スタイリスト

 

 

男性のスタイリングの醍醐味は?
「メンズウェアで何より大切なのは、隙のない着こなし。きちんと身なりを整えるという意味で、テーラードスタイルが好きです。計算されたコーディネートを通して、いろいろなストーリーを語っていくことに魅力を感じます」

最近のインスピレーションやマイブームは?
「今は、素晴らしいアメリカ人アーティスト、Donna Huanca(ドナ・フアンカ)のアートワークに夢中です」

最後にGoogleで検索したことは?
「最もよく使われる乱数が“47”である理由について」

女性がメンズウェアをスタイリッシュに着こなすコツとは?
「上質なテーラードアイテムを取り入れること。私はかなり小柄なほうなのですが、Dries Van Noten、Ermenegildo Zegnaのクチュールコレクション、Comme des Garçonsのメンズをいつも着ています。完璧に仕立てられたジャケットやシャツは、女性にとっても頼れる味方なんです」

苦手なメンズファッションは?
「サッカーチームのレプリカシャツ。スポーツは好きなので時間があれば観ますが、ユニフォームを普段着にするのはどうも好きじゃなくて」

ちょっと変わったファッションのこだわりは?
「自分でも街行く人でも、ソックスの皺の寄り具合についつい目がいきます。スタイリストの仕事のときも、たっぷり時間をかけてソックスを整えています。でも、そんなに変なことじゃありませんよね?」

 

 

新作アイテムを見る

 

 
配送先の国/地域 配送先は 日本 で、ご注文は JPY ¥ にて請求されます。
国/地域情報を取得中にエラーが発生しました。

しばらくお待ち下さい。