ページロード中

ページロード中

ページロード中

ご希望のジェンダーを選んでください。

お客様へのお知らせを取り込み中....

新たなお知らせはありません。

新しいアイテムが入荷次第、お知らせいたします。

レディースまたはメンズを 性別 選択してください。

Welcome to Farfetch, log in or sign up
 

On Our Radar

 

アイウェアデザイナーのGarrett Leight(ギャレット・レイト)が、デザイン信条やクリエイティビティ、最新コレクションのインスピレーションを語る。

 

テキスト:Laura Griffiths、日本語テキスト:Mitsuko Volek

 

今すぐショッピング

 

アイウェアに関するGarrett Leightの豊かな素養や感性は、コアな人気を誇るアイウェアブランド、Oliver Peoplesの創設者兼デザイナーのLarry Leight(ラリー・レイト)を父に持つことからも説明がつく。そして、このような環境と才能に恵まれた彼が、自身のブランドを立ち上げることを決意したのも、ごく自然な流れだといえるだろう。4モデルのみをラインナップに、2011年に創設したLAアイウェアブランド「Garrett Leight California Optical(GLCO)」は、わずか6年間で4つの店舗を構え、何百もの新モデルを発表する現在の姿に成長。さまざまなデザイナーとのコラボレーションのほか、シグネチャーモデルがセレブリティに愛用されたことでも大きく知名度を上げた。

クラシックなスタイルに調和するコンテンポラリーな感性。鏡に顔を映した時にしっくり馴染むデザイン。今週は、Garrett Leightが生み出すサングラスの魅力をたっぷりご紹介。

 

 

 

ブランド創設について
「最初は父と同じ道を進むことに抵抗があったのですが、Oliver Peoplesに入ろうと決めて働くうちに、この仕事が好きだということがわかったんです。そして、他ブランドにはない個性を持ちながら、あくまでもクラシックなアイウェアのブランドを作りたいと思うようになりました。それがGarrett Leight California Opticalの始まりです」

 

インスピレーションについて
「第1号店がオープンしたのがカリフォルニア州のヴェニスということもあって、カリフォルニアはブランドのDNAの大きな部分を占めていますが、90年代、70年代、50年といった、さまざまな時代の映像や写真からもヒントを得ています。要するに、エキサイティングだと思ったら何でもインスピレーションになる、という感じです。ブランドのムードボードを構成しているのは、ヴィンテージサングラスや、コレクション全体のムードを映し出すような古い写真、かつてのファッションアイコンなど。この秋のコレクションは、歌手のPrince(プリンス)から大きな影響を受けました」

 

「最初は父と同じ道を進むことに抵抗があったのですが、Oliver Peoplesに入ろうと決めて働くうちに、この仕事が好きだということがわかったんです」

 

 

ブランドの成功について
「このブランドをスタートしたのは、人々を惹きつける何かを作りたかったから。街を歩いていて、自分がデザインしたGLCOサングラスをつけたクールな人々を見かけると、本当に嬉しく思います」

 

顧客について
「私たちは常に、自分らしいスタイルと自信を持った女性をイメージしてサングラスを作っています。世界のファッションシーンに影響力を持つ女性たちを大勢ファンとして獲得できたのは、LAブランドとして本当に光栄なこと。これからも彼女たちが、シーズンごとに新しく登場するモデルを気に入ってくれることを祈っています」

 

コラボレーションについて
「これまでも素晴らしいブランドやデザイナーと力を合わせ、大きな成功を収めてきました。こういったコラボレーション素晴らしさは、自分たちの成長も後押ししてくれるところ。現在もいくつかプロジェクトが進行中なので、発表できる日が今から待ち遠しいです」

 

 

「私たちは常に、自分らしいスタイルと自信を持った女性をイメージしてサングラスを作っています」

 

 

Garrett Leightの素顔に迫る6つの質問

 

ブランドの特徴を3つの言葉で表すなら?
「カリフォルニア、クラシック、クール」

GLCOサングラスをかけてほしい人物は?
「私が今、すごくハマっているSade(シャーデー)。本当に美しく、才能豊かな女性です」

一番気に入っているGLCOモデルは?
「アビエータースタイルをモダン&フェミニンにアレンジした2017春夏コレクションのToledo」

スタイリングについてアドバイスするなら?
「トレンドを気にせず、考え過ぎないようにすること」

人生の教訓を一つ上げるなら?
「自分の直感を信じること。結局のところ、自分が良いと思うことをやっていくのが一番なんです」

手持ちのサングラスの数は?
「仕事柄当然ですが、数え切れないくらい持っています」

 

今すぐショッピング