ページロード中

ページロード中

ページロード中

ご希望のジェンダーを選んでください。

レディースまたはメンズを 性別 選択してください。

 

咲き乱れる色とりどりの花々、蒼い水に泳ぐ金魚、真紅の着物を纏う花魁、緑の森に佇む白雪姫。蜷川実花が描き出す世界は、どこまでも幻想的で美しく、そしてチャーミングだ。ガーリーフォトブーム真っ只中の90年代後半に写真家として鮮烈なデビューを果たし、最近では映画監督やファッションブランドのディレクションにおいても類い稀な才能を発揮している。今回は、Farfetchの質問に丁寧に答えてくれた本人の言葉を通して、その唯一無二の世界観を紐解いていった。

テキスト:Connie Chamberlayne、日本語テキスト:Mitsuko Volek
All images ©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

今すぐショッピング

 

映画の主人公と自分との共通点
「2007年のデビュー作である『さくらん』、2012年公開の『ヘルタースケルター』、いずれも私自身がこうありたい、と思える女性像を描いている部分があります。周りに媚びず、自分のことは自分で決める、そんな女性が好きです。2人とも極端なキャラクターに見えますが、彼女たちのような思いは誰しも少なからず胸に秘めていると思います」

「クローンを作ることや、改良するといった試みを続ける、人間の欲望に私は興味があります」

Mira Mikati

インターシャニットセーター

今すぐショッピング
Les Petits Jouers

'Mondrian' ショルダーバッグ

今すぐショッピング
Stella McCartney

スカラップドヘム クロップドジーンズ

今すぐショッピング
Dorateymur

Double Delta アンクルブーツ

今すぐショッピング

 

 

東京という街、「Kawaii」というカルチャー
「一般的に“かわいい”と呼ばれるものがたくさんあることは理解できますが、よく見るとそういったものにもグロテスクな部分があり、決して“かわいい”だけのものではありません。また、東京は原宿、渋谷、新宿、六本木、銀座、秋葉原など、街によって集う人や街の様子も変わってきます。このように、さまざまな顔を持っている東京は、世界中の多様なカルチャーを受け入れて育て、独自に変化させていく場所だと思います」

オリジナルブランドを立ち上げたきっかけ
「これまでEtroをはじめ、CELINE やlucien pellat-finet、Issey Miyakeとも、テキスタイルでコラボレーションを行ってきました。直接のきっかけとなったのは、ANREALAGEやG.V.G.Vなどの日本ブランドと提携し、新宿の伊勢丹にポップアップストアを出店したプロジェクト。いくつかオリジナルアイテムを作ったところ評判が良く、そこからM / mika ninagawaが誕生しました。自分の作品が洋服になり、誰かに身につけてもらえるのはとても嬉しいです」

影響を受けた写真家
「作品の影響はあまり受けませんが、森山大道さんは尊敬しています。あの年齢までずっと現役のまま、ものを作り続ける姿勢は尊敬に値すると思います。私も、あんな風にやり続けたいです」

MSGM

マルチパネルワンピース

今すぐショッピング
Valentino

蝶柄 パンプス

今すぐショッピング
Delpozo

ケーブルニットセーター

今すぐショッピング
Delpozo

フローラル柄 スカート

今すぐショッピング

 

中国での認知度
「他の国よりも中国での知名度を手に入れることが重要というよりも、中華圏に私の作品を好きでいてくれる人が多いため、そういった場所を大切にしているということです。また、日本も中国も同じアジアなので、アジアの蜷川実花として活躍していきたいと思っています」

現在、取り組んでいるプロジェクト
「映画が数本と舞台の演出の話があり、国内外で個展の話もいくつか進行中です。また、東京オリンピックパラリンピックに向けても、パラアスリートや障がいのある人達を撮っていく企画もあります」

 

MSGM

ラッフルディテール シングルコート

今すぐショッピング
Nº21

ノットディテール ミュール

今すぐショッピング
Vivetta

Ranucolo デイドレス

今すぐショッピング
Sara Battaglia

'Amber' ショルダーバッグ

今すぐショッピング